東大式トレチノイン療法!サイクルプラスのシミに効く使い方

シミのある肌

 

紫外線によるシミやニキビや傷が元でできたシミなど、シミを見つける度に暗い気持ちになってしまいますよね。サイクルプラスにはシミで悩んでいる肌にも良い効果を発揮します。

 

サイクルプラスがシミに効果が高いのは、成分に秘密があります。ここではサイクルプラスがシミに効果的な理由を調べてみました。シミに悩む人は必見です^^

 

 

シミの原因と予防に欠かせないもの

シミ

シミになる1番の原因は紫外線です。
紫外線によって肌の奥でメラニン色素が作られ、それが肌の表面に現れます。

 

若いうちは肌のターンオーバーが正常なので、少しのシミがあってもすぐに肌が入れ替わっていました。しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバーが乱れ、シミが目立ち始めるのです。

 

そんなシミに関わる肌トラブルに効果的な成分がビタミンCです。これは医療現場でも実証されている事実です。ところが、ビタミンCは角質層への浸透が弱く、非常に不安定な成分です。肌に必要美容パワーがあるのに、肌になじみにくいのがデメリットなのです。

 

そこでビタミンCをより浸透させるために改良されたのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は皮膚につける前は、まだビタミンCという形ではないのですが角質層に浸透してからビタミンCに変化するという成分です。

 

ビタミンCの「肌に浸透しにくい」という弱点をカバーしているのです。そしてビタミンC誘導体の中でも特に浸透力が期待できるのが「APPS」です。従来のビタミンC誘導体をはるかに上回る濃度で角質層に浸透し、ビタミンCが本来もつ美容パワーを最大限発揮するといわれています。

 

 

東大式トレチノイン療法とは?

シミ

シミの治療にほとんどの皮膚科で処方されるのが、トレチノインとハイドロキノンです。トレチノインとハイドロキノンでシミを消す方法を、東大式トレチノイン療法といい皮膚科ではメジャーなシミ治療になっています。この東大式トレチノイン療法時に、ビタミンC誘導体の化粧水を肌につけてから、トレチノインとハイドロキノンを塗ると更に効果が高まると言われています。

 

ただビタミンC誘導体の化粧水をただ塗ればいいというわけではなく、せっかくなら効果が高い、新鮮なビタミンC誘導体を肌に入れた方がいいというわけです。そこでサイクルプラスのAPPSが有効というわけです^^

 

 

サイクルプラスのビタミンC誘導体

通常のビタミンCと比べると数十倍もの浸透力があると言われているビタミンC誘導体。その中でもAPPSは更に進化したビタミンC誘導体といえます。サイクルプラスはこのAPPSを配合している化粧品なのです。実はビタミンC誘導体にもいくつかの種類があります。

 

ビタミンC誘導体には欠点も多く、本物のビタミンCと比べると効果が極めて低いというのが最大の難点といわれていました。そこでビタミンC誘導体の欠点に着目して考えられたのが、進化したビタミンC誘導体といわれるAPPSです。

 

APPSは水溶性と油溶性のビタミンC誘導体の両方の特徴を持っていて、数あるビタミンC誘導体の中でも浸透性が高いことで知られています。また、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、両方のメリットを持っています。真皮層への浸透が高く、従来のビタミンC誘導体の100倍といわれるほどです。

 

こんなに優秀なAPPSが配合されているサイクルプラスは、肌のターンオーバーを正常化させ、紫外線によるシミに効果を発揮します。

 

 

他にもシミを予防する成分がたっぷり

サイクルプラスには他にもシミに対抗するべく優秀な成分がたっぷりです。

 

・すぐれた抗酸化力で細胞の老化を防ぐ働きがある「バラエキス」
・傷薬などに用いられる成分で、抗酸化、老化防止効果のある「イタドリ根エキス」
・皮脂分泌量の正常化をはかり潤いのある肌を作る「大豆エキス」

 

年齢を重ねてからのスキンケアにも有効な成分や肌が若返る効果のある成分なので、一緒にアンチエイジング対策にも有効です。

 

 

鮮度にこだわったAPPS

シミ

このように進化したビタミンC誘導体を配合しているサイクルプラスですが、シミを減らすための効果的な使い方はあるのでしょうか。高機能化粧品の多くは扱い方が難しい、効果を出すための工程が多いアレコレと面倒な作業があって続かないなどの声を聞きます。

 

サイクルプラスはどうなのでしょうか。サイクルプラスのローションは液体とパウダーの二層式になっています。

 

使用する直前でパウダーを混ぜて、1ヶ月以内に使い切る仕組みです。APPSは高浸透性でありながら、化粧品に溶けた状態では変化しやすく、安定して化粧品に入れるのが難しい素材です。

 

そこで二層式にすることでAPPSを主成分とするパウダーを、使い始める直前にローションに混ぜることで、APPSを一番いい状態でローションに配合することができます。

 

しかも常温で保存ができます。あとは毎日のスキンケアに使用して1ヶ月で使い切るのみ。たったこれだけでAPPSの効果を最大限に発揮し、シミを減少させることも不可能ではありません。

 

 

シミにサイクルプラスがいい理由 まとめ

女性

サイクルプラスがシミに効果的なのは、ビタミンC誘導体であるAPPSに秘密がありました。浸透力の高いAPPSによって、ビタミンCが肌の奥深くまで浸透していきます。トレチノインとハイドロキノンと一緒に使って相乗効果を狙うのもいいですし、単品でも十分にシミ治療に効果を発揮します。

 

ビタミンCの肌を活性化させる美容効果、メラニンをできにくくする効果でシミの悩みを解決できるというわけです。

 

サイクルプラスにはお試しセットもあるので、気軽に試してみましょう^^
サイクルプラスを詳しく見る>